車は3年で乗り換えるのが得なのか?

3年で乗り換えるのは理にかなっている?

今から20年前くらい前、私が学生だった頃は車は3年で半値となり、乗り換えるのが一般的でした。

 

マークⅡなどを3年で新車にしていつもきれいな車に乗っていたものです。

 

現在の人気車であればその傾向がありますね。

 

ちなみに、走行距離の制限はもちろんあります。

 

年間1万キロがバロメータとなっています。

 

3年で3万キロならば優等生です。査定上も影響なしです。

 

3年で新車に乗るのは経済性で考えると少し疑問があるかもしれませんが、真新しい車に毎回乗れるというのはそれ以上の価値があります。

 

古い車は5年も乗ればどこか修理が必要となることもあるでしょうし、車検もあります。

 

車検で10万円も20万円も払うくらいなら、いっそのこと車検なんてスルーすれば良いのです。

 

3年間は車検が無いのですから!

 

部品交換もメンテナンスの費用も気にしなくても良いわけです。

 

費用面について考えてみましょう。

 

300万の車であれば150万円で下取りですので、年間のランニングコストは50万円です。

月当たりでは4万ちょっとですので、大したことはありませんね。

 

これでずっと新車に乗り続けられるのです。

 

スポーツカー⇒SUV⇒クロカン4駆⇒スポーツセダン⇒ワゴン⇒コンパクト

 

毎回ジャンルを変える楽しみ方もありますね。

 

素晴らしいカーライフをお楽しみください。

 

車買取のサイトは数多いですが、少しでも高額で買取りしてもらいましょう。

 

3年で新車に乗り換えるメリットまとめ

  • 3年で新車に乗り換えるのは、非常に満足度が高い
  • 年間ランニングコストもそれほど悪くはない
  • メンテナンスにお金をかけるくらいであれば、いっそのこと3年で乗り換えてしまいましょう
  • 10年以上同じ車で乗りつぶす考えもありますが、人間だれしも同じものをずっと使うのには飽きてしまいます
  • 様々なジャンルの車の使い勝手を試すことが出来る
  • 人生に彩りが出る
  • いつもきれいな車に乗ることが出来る

新型ホンダN-BOX 2回目の試乗

先週末にホンダのディーラーにオイル交換に行った際に、ホンダN-BOX に試乗しました

 

N-BOXの試乗は2回目ですが、前回はN-BOXカスタムのターボ車に対して今回は NA 車に試乗しました。

 

実際に乗った感触としてはN-BOXのほうが自然な感触かなと思いました。

 

乗った感触からすると、今乗っているステップワゴンよりも新型N-BOXの方が運転席周りの開放感は広々している感触があります。

 

Aピラーが垂直に立っているためだと思われます。

 

そして、特筆すべきはエアコンの進化です。

 

現行のステップワゴンはエアコンの設定温度は1℃刻みですが新型N-BOXのエアコンについては0.5℃刻みで、高級車の設定と同様で、少し悔しい思いをしました。

 

ディーラーの営業マンに聞いたところ現行モデルのステップワゴンも1℃刻みとなっているのでやはり後発車種は有利なんだなと思い知らされました。

 

新型N-BOXのレポートはコチラにも記載がありますね。

 

トヨタや他社のコンパクトカーは0.5℃刻みの車種が多いのに対してホンダ車が少ないのは少し残念ですが、今後設定される新型車には0.5℃刻みの設定がなされるようです.

 

結構1℃の差って大きいんですよね.

 

人はそれだけ敏感だということか・・・

 

ではまた

 


豊田市で車を売却検討中

豊田市で車の売却の検討を始めました。

ランクルの1世代前へ触手を伸ばしています。

今のランクルを出来るだけ高く売ることが出来れば、今の僕の予算150万円で、買い替えが出来るかもしれないのです。

アップルや、ビッグモータは豊田市内にもありますので最近気になって立ち寄ってしまいますね。

でも実車は見れないのですが、いくらで買えるのかは、オークション検索で分かりますからね。

豊田市の買取り店の一覧情報をネット検索していたところ、豊田市内で車を高く売る方法をまとめたサイトにたどり着き勉強中です。

ご参考まで


ランクルの実力

リョウです。

ランクルの走破性は折り紙付きです。

山、川、林道、雪道、ぬかるみなど悪路走破でもいままでのセダン系の4駆とは比べようもないくらい楽です。まあそうはいっても車重がありますので、アイスバーンでは慎重にはなりますね。

スキー場に向かう山道での速度オーバーによる事故は実は、クロカン4駆に多いそうです。昔、御岳スキー場のスタッフから聞いた話ですが、牧尾ダムのダム湖に良く車が落下していたという伝説があります。スキーブームだった20年くらい前の話です(笑)

走破性が高いことを、逆に過信して速度オーバーとなるのでしょう。

物理学の法則から、停止性能はパワーとは関係ありませんからね。

むしろ車体重量が重い4駆は制動距離が長くなる傾向があるので注意が必要というわけで、ハイパワークロカン4駆であると、ぐいぐい走ってい行くのでついつい自分の体重(車重)笑が重かったことを忘れてしまうのでしょう。

制動距離なら、単純に車重が軽くグリップ性能の高いタイヤを履いた車が有利です。

それでもね、ランクルはスキー場までの運転がほんと楽なんですよ。目線が高いというのもあるかもしれませんね。

走行距離も随分といっていますね。15万キロ。フロント周りからの異音が気になっています。

エキゾーストマニホールドのあたりの振動と、パワーステアリングの動作に少し違和感を覚えています。たぶんパワステポンプの劣化の可能性を疑っています。

あとエキマニの割れという事例も多数報告されていますので、交換しなければと思っています。

あとパワーウインドウの動きが悪いので・・・あまり窓を開けることもなくなりましたね。運転性側だけですが・・・

修正してもいいんですが、部品もそれなりの価格ですからね~

走行そのものが出来ないわけではありませんが、もともと静粛性の高い車であるため、異音や振動はどうしても気になってしまいますね。

ランクルの走り仲間で最近200系も増えてきました。

エンジンブレーキを制御しながらの極低速走行するクロールコントロールや油圧スタビライザーサスペンションなんてのも装備されてて・・・やっぱ進化してるんですよね。純正のイモビにもちゃんと傾斜センサついているし、自動ブレーキやらなんでもありっすね、妥協できない車ですからね。トヨタも手を抜けないでしょう。

リセールバリューが高いので、下取りも安心なので、やっぱり魅力だなーと、友人のそれを横目で見ながら、僕ももっと仕事しまくってがっつり稼いで、中古車でもいいので絶対に乗り換えたるぞー、と野望を膨らませている今日この頃です。


こんにちは、自動車整備士のリョウです

こんにちは、愛知県豊田市に在住のリョウです。
豊田市内の中古車販売店で、自動車整備をやっています。
いろいろな車を整備する中で、車の良い悪いも見極めれるようになってきましたので、車のお役立ち情報や車の買い替えで損をしない方法などお役立ち情報もアップしていきますね。
私の趣味ですか?ズバリ車です。中古車販売店勤務ですので、いままで様々な車に乗り換えてきましたし、車をいじくって遊んでいます。
今は友人から譲り受けた、ランクル100系に乗っています。
僕は生まれも育ちも豊田市ですが、他の地域との違いの印象として、クルマ中心の街ですが、以前は街中へのアクセスが悪いかな~という印象でしたが、
ここ最近は道路が整備されて、走りやすくなり、結構快適に過ごしています。
僕はアウトドアが好きなのですが、豊田市近辺でまだまだ行くところには困りません。
ていうのも全方位が山に囲まれていますからね。矢作川の上流方面がオススメです。
豊田市は、はっきり言って田舎ですね。これはいい意味での田舎という意味で、1時間くらいで市街地にでれるので・・・。
豊田市駅中心はまあ、一応普通にお店がありなんでも手に入りますが、一か所に集中していないので、車での移動距離が多くなりますね。
ドン・キホーテとかは普通にありますからね。よくある地方都市のように、何でも近くで済ませれるかというとそうではないかもしれません。
先日も矢作川へ遊びに出かけましたが、ランクルは楽ですね笑
お手軽にというのであれば、猿投アドベンチャーフィールドというところがあるのですが僕のランクルの本領発揮というところかな笑
パーツを交換したときの操作性チェックに使ってます。